< 煙突型ケトルの歴史 >

 

現在、Ghillie Kettleを含むいくつかの会社で製造販売されている煙突型ケトルは、
もともとは1920年代後半に英国バーミンガムにあったGeorge Marris社によって
Sirram Volcano Kettle(シラム ボルケーノ ケトル)として製品化されました。
(SirramはGeorge Marris社のMarrisを逆綴りにした名前でした)

Sirram Volcano Kettleは、ケトルの下部で火をおこし、
その熱の煙突効果によって素早くお湯を沸かすことができる煙突型ケトルで、
ニュージーランドのJohn Ashley Hart氏(のちのThermette社の設立者)が
中国やモンゴルなどの中央部分に煙突がある鍋にヒントを受けて考案しました。

当時のGeorge Marris社の経営者とHart氏の間で会談があり、
その後、英国ではGeorge Marris社がSirram Volcano Kettleを販売し、
ニュージーランドでHart氏がThermette Kettle(サーメットケトル)を販売
するようになりました。

Sirram Volcano Kettleの初期のモデルは銅製で、
英国登録意匠731794号と記されたプレートが付いていました。
(英国公文書館の記録によれば、この登録意匠番号は1928年に発行されたものです)

Sirram Volcano Kettleは英国中で人気商品となり、
多くの人がドライブやツーリング、ピクニックなどに持って行くようになって
軽量化が求められ、銅製からアルミニウム製へと改良がされました。

しかし、1970年にGeorge Marris社が売却されたため、Sirram Volcano Kettleは
惜しまれつつも販売中止となってしまいました。

その後、Ghillie Kettle社を含むいくつかの会社がSirram Volcano Kettleと同じデザイン
で煙突型ケトルの製造販売を開始しました。

なかでもGhillie Kettle社が作るギリーケトルは、
約100年前から続いている伝統的な製法で手作りで作り続けているため、
当時と変わらない煙突型ケトルを現在も世界中にお届けすることができています。

 

< Ghillie Kettle(ギリーケトル)について >

 

Ghillie Kettle(ギリーケトル)のGhillie(ギリー)とは、
スコットランドやアイルランドの狩猟や釣りの案内人のことを指し、
彼らがSirram Volcano Kettleの熱烈なユーザーだったことから、
Ghillie Kettle社は彼らへの尊敬の念を込めて、Ghillieという言葉を冠しました。

一部のメーカーは、自分達の煙突型ケトルがSirram Volcano Kettleよりも先に存在した
オリジナルのデザインであると主張しています。

Ghillie Kettle社は、
煙突型ケトルの歴史を正しく認識して先駆者の偉業を自らの功績とはせず、
歴史と伝統的な製法を守り
ながら英国の熟練職人の手で一つ一つ丁寧に作り続け、
末永くお使いいただける高品質なギリーケトル
を世界中にお届けしています。